超絶美熟女40代の風俗嬢

身近な存在だからこそだと思うんです

これだけ身近なものになるとは自分でも思っていなかったんですよね。というのも、風俗って前はもっとハードルの高いものだなっていうイメージを勝手に持っていたんですよ。でもいつしかそんなことはないというか、むしろこれだけ手軽に楽しめるものなんだなってことに気付いたんです。だから風俗で遊ぶ時にはあんまり力まないと言うか、それこそ仕事帰りとかでも普通に楽しめることを考えると本当にありがたいなって気持ちになりますよ(笑)しかも別に自分に男としての魅力が求められるとかでもないんです。いつでも自由に遊べるという点ではこれ以上のものはないんじゃないかなと思いますので、風俗という存在そのものに対しての感謝までありますよ(笑)むしろその感謝によって、自分に様々なものをもたらされると言うか、やっぱり風俗って自分にとって本当に必要なものだなって改めて気付かされることもあるんです。それくらい、身近になってくれているんですよ。

微乳でもピンサロなら悪くないかな

ピンサロなら微乳もありかなって思っています。巨乳が好きなのもあって、風俗では必ず巨乳と遊んでいるんです。だから、微乳風俗嬢には申し訳ないんですけど、視界に入らないんです。でもピンサロであれば問題ないというか、ピンサロは相手のスタイルがそこまで影響するものではないじゃないですか。多少触ったりはしますけど、メインは相手の口なんです。それにピンサロ店によっては裸にならない所もあるというか、むしろ裸になる所の方が少ないですかね。つまりはスタイルがあらわになるようなシチュエーションの方が珍しいのがピンサロなので、微乳であってもそれはそれで良いんじゃないのかなって思っていますし、ピンサロであればそれもまた、悪くはないかなって。むしろピンサロくらいでしか微乳と触れ合う機会が無いので、新鮮な気持ちを味わうという点ではピンサロで微乳を相手にするのは決して悪いことではないし、案外いつもとは違う光景という点で刺激的だなと。